English

Spire による数値解析

数値解析は難しいトピックとして有名です。大規模な数値演算は生の性能を引き出す必要がありますが、浮動小数点を扱うと不正確な結果になる可能性があります。関数型プログラマとして、具体的な数値型の抽象化と、いかにここで抽象代数学が役に立つかについてお話します。この抽象と具象の相互作用が、高速で正確なプログラムの開発を支援するライブラリで重要になります。Spireはそういうライブラリなのです。このトークでは、Spireの概要、”number tower”の紹介、本物みたいな数、そして法則に従う方法について紹介します。

トークの長さ
40分
発表言語
英語
聴衆の対象
中級者: 分野の基礎は分かるが、細かい所は不安
こんな人におすすめ
数値を扱うすべての人
発表者
Lars Hupel
  • LX Scala, 2018
  • flatMap(Oslo), 2015 and 2016
  • Scala Exchange, 2014 (keynote, https://skillsmatter.com/skillscasts/5827-state-of-the-typelevel)
貢献
  • cats-collections
  • discipline
  • libisabelle
私も何か話したい

票中 票投票済み

応募一覧