English

Fury: 激怒を持って怒りを制す

Scalaのエコシステムは脆弱な互換性、困難なパブリッシングプロセス、リリースサイクルの遅延などの、バイナリの配布方法によって何年も押さえつけられてきました。Furyは、ソースの依存関係、単純化されたビルド、およびビルドのフォーク、コントリビュート、作成に対するより大きな解放を通じて、今後、Scalaソフトウェアの共有方法を改善することを目指しています。

このトークでは、Furyの裏側のコンセプトを紹介し、急速に進化するScalaのエコシステムの中でプロジェクトをどのように管理できるのかを示します。

トークの長さ
40分
発表言語
英語
聴衆の対象
初心者: 分野の事前知識を必要としない
こんな人におすすめ
Scala をビルドする必要がある人、特に複雑なビルドが必要な人
発表者
Jon Pretty (Propensive)
  • https://www.youtube.com/watch?v=26UHdZUsKkE
  • その他 Scalaカンファレンス多数
貢献
  • Fury
  • Magnolia
  • Contextual
私も何か話したい

票中 票投票済み

応募一覧